ムダ毛の自己処理は危険

カミソリや毛抜きを使って、ムダ毛を自己処理している女性も、多いのではないでしょうか。
カミソリ・毛抜きはドラッグストアやコンビニといった、身近なお店で購入できます。
しかも価格はリーズナブルです。
ムダ毛が気になった時、サッと処理できる便利さから、多くの女性が自己処理を行っています。
ただし、手軽という一方、ムダ毛の自己処理は肌に大きなダメージを与え大変危険です。
少しくらい肌が傷んでも良いと、自己処理を続けていると、取り返しがつかないくらいに肌トラブルを、起こしてしまうケースもあるので注意しましょう。
カミソリでの自己処理では、様々な肌トラブルが起こります。
除毛した後に皮膚がヒリヒリと痛み、赤みを帯びた事がある方も多いのではないでしょうか。
この状態は「カミソリ負け」です。
カミソリの刃によって目には見えない、細かな傷が出来ます。
この傷から雑菌などが入り込むと、カミソリ負けを起こすのです。
また、カミソリで除毛した際はムダ毛だけでなく、肌に必要な角質までをも剥ぎ落してしまいます。
角質の層が乱れる事によって、肌内部の水分が蒸発しやすくなり、乾燥肌にもなりやすいようです。
この他に、カミソリでの自己処理では、色素沈着を起こしやすい点が特徴です。
特に脇・Vライン・Iライン・Oラインはカミソリでの自己処理によって、色素沈着が起こりやすいと言われています。
皮膚は外から刺激を受けると、肌細胞を守ろうとしてメラニン色素を作り出します。
ムダ毛の自己処理を頻繁に行っていると、メラニン色素が肌に沈着し色素沈着を起こしやすいのです。
毛抜きでの自己処理では、ムダ毛を無理やり抜いてしまう事によって、毛穴が広がってしまうケースが多く見受けられます。
無理やり抜いた後の広がった毛穴に、雑菌が侵入し毛嚢炎という毛穴が可能してしまう症状も、毛抜きの自己処理で起こってしまう事が多いようです。
このように、ムダ毛の自己処理は肌には大きな負担となってしまいます。

札幌で全身脱毛ならどこがいい?おすすめサロン教えます!