どこの毛も脱毛できるの?

どこの毛も脱毛できるのかは、特に初心者には素朴な質問です。基本的にはエステでもクリニックでも、全身のどこの毛にも対応はしています。そんな中でも、光やレーザーでのお手入れは、できないパーツもあります。眼球の上を覆う、皮膚の薄いまぶたのパーツは、照射によって失明の恐れもありますので、施術はできません。

人間の体の皮膚は、ある程度の厚みがある部位と、とても皮膚の薄いパーツもあります。そんな中でも、粘膜の部分には商社はできません。鼻のなかの粘膜であったり、デリケートゾーンのIラインの粘膜部分などは、光やレーザーでの照射をすることはできないパーツになります。

肌に出来ている、シミやイボ、ほくろなどのパーツにも照射をすることはできないです。色の薄いほくろなどは、そのまま照射をすることもありますが、色素が濃い場合は、保護テープなどを貼り付けて、その部分をカバーしての照射になります。黒いメラニンの色への反応が、光脱毛やレーザー脱毛の特徴なので、色の黒いほくろなどは反応をしてしまうと、肌への火傷になることがあるためです。

それと同じような原理で考えると、日焼けをした肌にも照射はできないことになります。光脱毛の機器も、医療レーザー脱毛の機器も、年々研究が重ねられて、機能は高性能になってます。それでも、ムダ毛の黒さと、日焼けをした黒い色を、わけて反応させることはできません。

その判断が出来るのは、人間だけです。太陽の紫外線で焼いてしまった黒い肌には、脱毛の照射はできませんし、無理に照射をすれば火傷になります。だから、脱毛をしている間は、日焼けをしないように、どこに行ってもアナウンスがあるわけです。肌の黒い色が元に戻るまで、時間をかけて待つことになります。

ほかにも、刺青やオシャレ感覚で入れてしまうタトゥーなどもあると、そこには照射はできないです。それから肌状態の乾燥にも要注意であり。水分量が不足をしていると施術不可なケースがあります。